大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『光線研究』新聞に大阪講演の記事が掲載

(財)光線研究所が発行している『光線研究』新聞に、10月28日(日)当会主催の大阪講演の記事が掲載されました。

光線療法講座IN大阪
(第10回記念講演)
演  題:「痛みと腫れに対する光線療法」
開催日時:H24年10月28日(日)13:00~16:30
場  所:天王寺区高津町
     大阪府教育会館 たかつガーデン8F
参 加 費:2,000円(一般の方)
     5.000円~10,000円(療術師会員、財団認定講習会)
○参加ご希望の方は、大阪府療術師会 担当 三舩までご連絡下さい。
 TEL. 072-695-1288 
 
 主催 大阪府療術師会
 共催 全療協関西療術師協会
スポンサーサイト
  1. 2012/08/28(火) 23:32:57|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「療術の世界DVD」制作発表の記念講演

平成24年8月26日(日)PM1時から、五苑第2ビルの研修所において、
「療術の世界DVD」制作発表の記念講演が開催されました。

この講習会は、財団認定講習会です。

三舩皓久副会長の司会により開会
倉津会長挨拶の後
2部に分かれて、講義が行われました。

第一部 姿勢の観察評価
    『療術の基本手順・中枢神経検査』
    療術の世界テキスト(2P~8P・17P~18P)
   講師:藤井 英之先生

第二部 動きの評価観察
    『筋骨格系、徒手筋力テスト』などの実技を伴う
    療術の世界テキスト(9P~16P・19P)
     講師:倉津 弘一先生

第1部の藤井先生の講義では、療術的な観点から使える検査法の紹介や、心の癒やしの必要性などの指摘がありました。

第2部の倉津先生の講義では、症状別の的確な鑑別による、反応の変化を見ることができました。

残暑厳しき中、四国や九州から50名以上の先生方の参加を頂き、熱心な講義が
行われました。

尚、この講習会は12月23日(日)に『療術4種目基本療法』として、続編を予定しています。ご期待下さい。

  1. 2012/08/28(火) 23:30:36|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カイロ三昧100分間セミナー

平成24年8月25日(土)PM5時から、五苑第2ビルの研修所で、
倉津弘一会長によるカイロ三昧~100分間セミナーが開催されました。

テーマは、骨盤から診た下肢の症状
 ①)股関節、②膝関節、③足関節に分けて考察。

①股関節は、L2~S1 の分節由来なので広範囲の関連痛と関係している。
 股関節の痛みは、下部腰椎椎間関節からの関連痛によるものもある。
 膝関節も股関節の痛みに関与したり、股関節が膝関節の痛みに関与することもある。

②膝関節は、L3~S1 の分節から神経支配を受けているため非外傷性の痛みに関しては、
 L3~S1 にある病変を除外されなければならない。
 腰椎下部、股関節、足関節は、膝への関連痛の発生源である。

③足関節の安定性は、ほぼ靭帯の張力と骨のアライメントに依存している。

2.下肢長の考察
 ディアフィールド骨盤下肢チェック法
 腹臥位膝関節伸展位で下肢長を評価のち、膝関節90°以上屈曲位で短下肢側が、長下肢に転じるかどうか?

3.各テクニックによる調整
 ・SOT catⅡによる調整
 ・MET による調整
 ・腹臥位による調整

一般にも解放致しましたので、愛媛県療や香川県療の会員先生だけでなく、整骨院の先生方も参加されました。

参加者の中から症状のある先生にモデルになって頂き、鑑別から実技の紹介まで、実践的なセミナーになりました。
(翌日の講習会での再会で、昨日の帰宅が楽でしたという声も聞かれました。)
  1. 2012/08/28(火) 23:28:11|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。