大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

6月度月例会報告

○倉津会長
 ○「統合医療」の推進の為の(案)について(本部総会報告)
  ①現在の医療の課題
   ・健康志向の高まりから、健康に関する様々な情報が流されており、各種療法の安全性と有効性について、客観的な情報を公開するシステムを整備すること
  ②統合医療の概念 
    1)生活習慣病の改善を支援する医療
    2)治療だけでなく、病気の予防や健康増進に寄与する医療
    3)患者の体質、生活環境、生きがいなどに配慮したQOL重視の医療
    4)有意義な人生を送り、穏やかな死を迎えるための包括的な医療
     5)医療経済や環境などにも配慮した永続可能な医療
 
  ③政府の統合医療について、選挙後の動きになる

○三舩先生
 ○10月の光線療法講座の発表者募集

○中島先生
 ○療術だより:気圧とからだ(ウエザーニューズ調べより)
  ・日本人の6割が気圧の低下で体調の変化を痛感
  ・女性は男性より気圧の変化に弱い
  ・年代別では、若者ほど鬱になりやすい

理由
  ・人体は気圧により外側から内側に向け圧力がかかっている
  ・気圧が低下すると圧力が弱くなり血管は拡がり、内臓や筋肉は膨張する
  ・血管、内臓、筋肉が膨らめば神経を圧迫して痛みが出たり、自律神経のバランスが乱れ不調が起こりやすくなる

 ○健康講座:関節痛について
  ・原因と管理、膝関節痛改善体操、栄養素、光線療法による施術、日常生活での注意

○田窪名誉会長
 ○今国会などで議題になっている憲法改正について
   ・古来から続く日本のすばらしい国柄を憲法に盛り込んではどうか
  ・日本の独立国としての地位を保つ
  ・日本の地位を高める憲法改正に取り組むべき
     *日本建国の話:
      ・神武天皇即位(西暦で言えば紀元前660年)から数えると、今年は皇紀2673年になる

午後から成業課程
○倉津三夜子先生
 ~漢方アロマセラピー入門講座~

○良導絡に基づく漢方精油の活用法
  ①良導絡に基づく漢方精油の活用サイクル
    経絡の確認→経絡状況(低下・亢進)→本草精油塗布→補虚瀉実(ほきょしゃじつ)
    *補虚瀉実(ほきょしゃじつ):足りないもの虚を補って、いらないもの、実を出すという治療原則のこと

  ②漢方本草による塗布
     通電レベルの上昇→バランス偏りの緩和→健康レベルの上昇→未病を予防する

  ③アロマオイルを塗布し実演を行う
 
  体験者のデータ解説と感想(心地よい)を確認し、初歩を学ぶ
スポンサーサイト
  1. 2013/06/26(水) 23:01:55|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光線新聞に光線療法講座IN大阪の記事掲載される


・本年10月27日(日)大阪市天王寺区のたかつガーデンにて、光線研究所・所長の黒田一明先生をお招きして
 光線療法講座IN大阪が開催されます。
・この講座は関西療術師協会共催のもと財団認定講習会に認定され、今回11回目を迎えます。
・本講座が、一般財団法人・光線研究所発行の光線新聞6月号に紹介されました。

・昨年度、一般の方にも有料(資料代)で開放され、70名を超える一般参加がありました。
・黒田先生の講演の他、会員の症例発表などが行われる予定です。
・今年も多くの先生方の参加をお待ちしています
  1. 2013/06/24(月) 23:50:04|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『アゴを引けば身体が変わる』を読んで

・このシンプルなテーマだけで文庫本1冊をまとめるとはと思い、興味を持ち
読んでみる。伊藤和磨著 光文社新書(¥820)
・元サッカーのJリーガーで、現在はトレーナーをしながら何冊かの本も出版されています。
・内容は、姿勢を中心として、呼吸パターン、動作パターン、作用環境の改善などの展開として書かれていました。

・面白かったこと
 ①アゴを引く偉人達として、坂本龍馬、吉田松陰、勝海舟、吉田茂の肖像が実際凛としてかっこ良い
 ②身体のズレの方向を確認する「かかしテスト」:
 両手を水平に保ち、骨盤を左右に最大限にスライドさせて、より大きくスライドした方が軸足を解説したイラスト
 ③後頭部下筋群は、姿勢のバランスを保つため必要の情報を、視覚系、前庭器官、感覚運動系と連携しながら脳に提供している。
頸部蓄積疲労→脳の血流低下などで姿勢の不安定やふらつきなどが起こるイラスト
 ④著者の仕事は、痛みの病巣を特定し、機能回復させながら痛みを取り去ることだが、どんな試みもうまくいかなかった患者が、
たった一言のアドバイスで本質的な原因に気づき、負のスパイラルから抜け出したケースが一度となくあった。 この体験を伝えたかった。

療術も、様々なクライアントの要望に対し、いわゆる的確な診断(観察)と施術により主訴が軽減されることが主目的ですが、
クライアントのその後の生活習慣において、役に立つアドバイスを添えられると、さらにグッドである。
  1. 2013/06/22(土) 00:40:01|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9割のお客がリピーターになるサービス

いつも立ち寄る本屋さんで、題名がおもしろい文庫本が目に入り、つい手に取ることに。
ぱらぱらめくると、たくさんの含蓄のある言葉が述べられていました(三笠書房 国友隆一 600円)。

その最終章より・・
第7章:誰からも愛される会社が、社員に教えていること
~成長を止めない企業・お店が実践していること

①思考や心の動き、行動がパターン化されておらず、柔軟である
②外部(マーケット)に対し好奇心が強く、その変化を柔軟にキャッチする
③社会における自分の居場所を、傷ついたり試行錯誤しながら探し続ける
④成長しそれを喜ぶDNAを持つ
⑤生命の新陳代謝が旺盛で、エネルギーに満ちていて輝いている

○療術の愛好家は、昔から利用して頂いている方が多いので、いつ来られても変わらない、安心・安全で質の高い、確かな施術がなによりと、我々は考えています。
○一方で、自分の施術は最善を尽くしている(と思っている?)ので、世の中の変化に対しては案外無頓着なところもあります。
○著書によれば、スターバックス、セブン・イレブン、ユニクロ、はなぜお客様から圧倒的に支持されるのか?そして、進化し続けるさまざまなサービスの現場を紹介し、「今日からあなたができること」とは問いかけています。

○我々療術師も、たえず頭を柔軟にして、よりクライアントに喜んでもらえるあくなきサービスの探求が、この題名の解答になると思います。
そして、自分自身が健康でエネルギーに満ちた存在であることも・・

  1. 2013/06/09(日) 00:26:14|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0