大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

1月度月例会報告

新年会の開催
・平成28年最初の月例会は、寒さ厳しき中、新年会として1月24日(日)に開催される。
・午後からはささやかですが立食のパーティーを行いました。

◎藪内先生による司会で始まる

◎倉津会長のご挨拶
 ○療術経営のヒント
  ~療術師らしくでファンづくり~
  ・医療業界も様々な業態があり、経営も複雑さが増してきています。
  ・クライアントの様々な疑問や要望に、常に適切に対応できるよう資質の向上を図る。
  ・「療術師らしく」をモットーに、自身のファンづくりが業績を伸ばす。

◎総務部、安達先生
 ・財団認定証の更新26名の申請を無事受付、財団へ申請しますとの事 
 ・高齢者施設での紹介で、積極的に参加し話をされる高齢者は元気である、紹介
 ・日々の努力の差を見える化すると  
   毎日の1%をプラス、マイナス365日続ける、続けないの差の紹介
    1,01の365乗=37,8
    0,99の365乗=0,03

 続いて立食によるパーティーが行われました。
◎小谷先生の乾杯の音頭
 ・申年は動くほど成果が出ないとも言われるが、行動力で成果を出しましょうとの言葉がありました
 
2時00分までの約2時間、近況報告など歓談が続く

◎三舩副会長の中締めの挨拶で、新年の月例会も無事終了しました。

~寒さ厳しき折、体調管理に気を付けて頂き、今年のご活躍をお祈り致します。~
スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 22:26:12|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1月度療術だより

~体を温める食べ物・冷やす食べ物、賢く選んで体調管理~

○食べもの、飲みものの温度が「冷え」の原因に
○できるだけ温かいものを口にする
○体温の日内リズムの中で、朝食はとても重要
 ・日常生活での体温は、夜間には低く、早朝に最低となる
 ・睡眠中は代謝も低下しており、朝食は1日の活動に向けて代謝を高め、体温を上昇させるという意味からも、とくに重要
 ・毎朝の食事は規則的に、温かく消化のよい飲食物を摂取することが大切
 ・昔ながらの朝がゆや雑炊、味噌汁とご飯などが理想的
 ・夜間は、入浴後の冷たいビールなど低温の飲食物を避けましょう
 ・くだものなどは、体温の高い日中に食べるとよい

○無理なダイエットが招くエネルギー不足
 ・成人した女性は、同じ身長・体重の男性に比べて、筋肉量が10%ほど少ないため、熱の割合も低くる
 ・ただ、女性の場合は男性よりも体脂肪の割合が約10%高く、熱産生量の少なさをカバーしていることがわかっています
 ・つまり、適正な体重で適度な筋肉と体脂肪を保つことはともに、女性が体温を維持するために欠かせないのです。
 ・冷え性は更年期にも多いのですが、実は若い女性にも多く認められます
 ・その原因は無理なダイエットによる摂取エネルギー不足と、筋肉・体脂肪の減少、
  そしてその結果としての女性ホルモンのアンバランスを起こす

~身体に入ってくる食べ物を工夫して、寒さに負けない身体を作りましょう~
                                                             倉津弘一
  1. 2016/01/28(木) 22:23:05|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姿勢(特に頭の位置)を正す

三重の仲野前会長の息子さん(孝明先生)が 書かれた、『長く健康でいたければ「背伸び」をしなさい』という本を見つけ、
購読する。(サンマーク出版 2015年10月20日 1400円+税)

ジョギング愛好家の自分にとって、何が気に入ったかと言うと、
・ランニングは下半身より上半身を意識しろ
・背伸びをして、頭や首の正しい位置を意識する
 という項目。

頭は5キロ程の重量なので、丁度ボーリングの玉(10ポンド4,5キロ)を乗せて走っているようなもの。
前傾姿勢は必然とは言え、頭の位置は真上が理想。

さらにネットで調べると、
肩と耳の前が一直線にならんだ角度0度の時:頭の純粋な重さ約5kgが首にかかります。
15度で12Kg 30度で18Kg 45度で22Kg 60度で27Kgと負荷が強くなっていくそうです。

負荷のかかった頭を支えるために首の筋肉も過剰な緊張状態を強いられることになります。

ジョギングは30年~40年と続けていますが、最近は走ると足より首と背中に疲労が溜まります。
この本をきっかけに、頭の前傾をできるだけとらないよう試してみる。
すると、首と背中の疲労感がかなり軽減されることを発見。

そう言えば、大学駅伝完全優勝の青山学院大学の選手は、大きなストライドで上半身・下半身ともきれいなフォームです。
特に、頭の位置は前傾にならず、前を向いて、頭が首の上に丁度乗っかるので、首と背中の負担が少ない。

逆に高齢になり、頭を前に傾けるようになると、バランスをとるため、背中は後ろへと傾き、猫背が増強されていきます。
骨盤はそのバランスをとる為に同然前へと出ていきます。

当会の倉津会長も、姿勢は矯正するというより学習するもの、とおっしゃっていました。

姿勢、特に「頭の位置を正しい位置に保つ→前傾にならない」。
姿勢のことは身内でしか注意をしてくれません。
施術の後、この一言を添えると、体を整えた効果がさらに持続される。
  1. 2016/01/03(日) 23:42:54|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1%の差

1,01の365乗=37,8

0,99の365乗=0,03

毎日の1%をプラス、マイナス365日続ける、続けないの差とか。
息子が10年以上前にお世話になった学習塾から、今年頂いた年賀状の言葉。

息子以上に自分が感動したので、転写します。
  1. 2016/01/03(日) 22:34:33|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0