大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

第28回日本療術学会報告

第28回日本療術学会報告

第28回日本療術学会が11月6日(日)~7日(月)、愛媛県松山市の東京第一ホテル松山にて開催されました。
今学会のシンポジウムのテーマは「健康寿命を支える療術」
参加者は会員約300名

○学会長挨拶
  森 英明学会長(四国ブロック会長)
・この学会が第28回を迎え、盛大に開催できたことの感謝を述べられる。
・療術師学の発展、療術師の資質の向上に繋がることを祈願いたします。

○理事長挨拶
  (一財)全国療術研究財団 理事長 藤本孝雄
・全国療術研究財団は平成25年4月の内閣府に移行許可を受け、一般財団として新たな一歩を踏み出しました
・平成21年からは療術の安全性や有効性について、順天堂大学に研究を委託し実施しています
・この効能効果を、施術の裏付けとして活用して頂くと供に、療術技術の発展につなげて頂きたいと思います

○会頭講演
  日本療術学会会頭 医・博 上野正彦先生
~尊厳死、安楽死、終末医療を考える~
 ・我が国平均寿命は男女とも世界のトップクラス。
 ・医学の進歩、環境衛生の確立、健康管理の意識向上、早期発見、早期治療などが寄与。
 ・一方、終末医療も避けられない現実があり、法整備やガイドラインが必要。

○特別講演
  順天堂大学名誉教授・特任教授 佐藤信紘先生
「カイロプラクティックの有用性と安全性に関する調査研究」

 ・大学付属病院勤務の看護師の肩こり、腰痛症、不定愁訴へのカイロプラクティックの有用性と安全性に加え、再現性について調査。
 ・同、不定愁訴の改善効果と施術の満足度に関する調査研究
 ・同、アテネ不眠尺度による検討
 
 ・以上3点のカイロプラクティック療術の有用性と安全性について報告する

○特別講演
   厚生労働省医政局医事課企画法令補佐 奥野哲朗様
 「今後の医療提供体制」について

・今後高齢化と少子化益々進む中で、限られた医療・介護資源を有効に活用し、必要な サービスを提供するための改革推進中

○シンポジウム
「健康寿命を支える療術」、各部門の先生より講義
  カイロ手技部門代表 松本 徳太郎先生
  電気部門代表    蔵内 茂先生
  光線部門代表    宇都宮 光明先生
  温熱刺激部門代表  渡辺 滋先生

○部門別研究発表(口演発表15件、誌上発表1件)
 ・カイロ手技部門(口演6題 誌上2題)
 ・電気部門(口演3題 誌上0題)
 ・光線部門(口演3題 誌上0題)
 ・温熱刺激部門(口演3題 誌上3題)

 ・当会からは、16人が学会に参加致しました。
 ・発表もカイロ手技部門で5名、光線部門で1名、温熱刺激部門で1名の発表があり  ました。

~カイロ手技部門~
  ・足関節調整による施療効果 倉津弘一先生
  ・脊柱管狭窄治療後のコンディショニングとしての療術による有効性の1症例 安達俊夫先生
  ・筋膜リリーステクニックでの施療 二村政幸先生
  ・脊柱のねじれ補正が脊柱体表温度に及ぼす作用を考える 吉野和廣先生、吉野和織先生(共同研究)
  ・総合力としての療術 吉野和織先生

~光線部門~
  ・筋膜リリーステクニックと光線療法の相乗効果 黒野洋史先生

~温熱・刺激部門~
  ・平田式を用いたセルフケア指導の提案 倉津三夜子先生
  
~コメント~
 ・国民の健康は、まさに国家事業であり個人の幸せの大きな柱です。
 ・一方、社会の進展とともに、健康問題はリスクにも・・
 ・従来の治療医学から予防医学の充実が必要であり、療術業界としては、まさに得意と する分野であるが、より具体的でわかりやすい情報発信と、実践の積み重ねが必要である。

○来年は我が関西ブロックの大阪で開催が決定。多くの先生方のご支援をよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/10(木) 23:24:12|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0