大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水鳥は風邪を引かない?

1年の計は元旦にありと、朝から緑地公園をゆっくりジョギング。
いつもは、忙しくて目に入らない、鴨などの水鳥が冷たい池でたくさん泳いでいるのを発見。

同時に水鳥は風邪を引かないのだろうか?と疑問に。
家に帰り、さっそくネットで調べると。
ペンギンは風邪を引かないのか?という質問をしている人があり。
ベストアンサーに選ばれたのが、下記の解答。

ウイルスには本来の宿主(しゅくしゅ)である自然宿主がいます。
ウイルスとその自然宿主は穏やかな共生をしています。
(ウイルスが感染していても発病しないという関係)

インフルエンザウイルスは大きくA型やB型などに分類されます。
インフルエンザA型ウイルスの自然宿主は鴨などの水鳥だと言われています。
鳥インフルエンザもインフルエンザA型に属していて
やはり水鳥が媒介すると言われています。

一方、南極や北極は寒いので生活できる生物の種の数は少なく、
又、新たなウイルスや細菌が持ち込まれることはほとんどない。
よって、極寒に住むペンギンは、風邪などの感染症による病気は少ない。

つまり、
・水鳥も風邪を引く。インフルエンザの宿主にもなっている
・ペンギンのように南極の極寒の環境に適応すれば、感染症などは少ない
・自然環境に、それぞれ適応して生きる生物の生態に改めて感動
スポンサーサイト
  1. 2014/01/01(水) 23:59:49|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<1月度月例会報告 | ホーム | 健康長寿の秘訣(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/110-e5c5cb9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。