大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

1月度月例会報告

新年会の開催
平成26年最初の月例会は、新年会として1月26日(日)五苑第2ビルで開催され、
午後からはささやかですが立食のパーティーを行いました。

◎藪内先生による司会で始まる

◎倉津会長のご挨拶
 ○新規研修生募集について
 ○1月度療術だよりは「インフルエンザの予防」について
  今月担当の倉津会長より説明して頂きました

・菌とウィルスの違い
細菌は、自分で細胞を持っていて、人間の細胞に取り付き、細胞の栄養を吸い取って、代わりに毒を出します。栄養を吸い取った細菌は、自分が分裂して、仲間を増やしていきます。
 ウイルスは細菌よりずっと小さく、自分で細胞を持っていません。ほかの細胞に入り込まなければ生きていけないのです。ウイルスが人間の体に入ると、細胞の中に入り込み、その細胞に、自分のコピーを作らせるのです。
 よって、菌を除去する事を「殺菌」と言いますが、ウィルスは活性を無くすという意味で、「不活性」とか「ウィルス除去」という言い方になります。

・予防法
・マスクの意味
・加湿
・粘膜の保護
 について解説がありました。

○毎月の月例会の曜日変更の提案があったことを紹介、別途検討

◎総務部、安達先生
 ・財団認定証の更新32名、の申請を無事受付、27日申請しますとの事 
 ・大阪府療術師会は昭和28年1月設立で、今年61周年を迎えます
  名誉会員を8名擁し、会員に優しい会を続けています
 ・名誉会員の佐野先生は今年82歳で、現役で頑張っておられますとの紹介
 ・来月号の「療術だより」のテーマ『 予測・予防医学の紹介』 
 ・コウケントー商品について、4月から消費税分がアップします
   
◎田窪名誉会長
 ・満91歳で本日は私用でお休みでしたが、
  戦争体験者として、大東亜戦争と太平洋戦争との違いについて
  次回紹介頂けるとのこと

◎熊倉先生
 ・現在93歳で、いつもユーモアがあり,お元気な先生に、乾杯の音頭を取って頂く。
  『午年は、うまくいくはず、その勢いで今年も頑張りましょう。』との力強いお言葉でした。

 続いて立食によるパーティーが行われ、2時00分まで歓談が続き、無事終了しました。

◎2月の成業課程午後の部
 「タラソテラピー基礎講座 」講師:倉津 三夜子先生から
 「電気療法の基礎知識」 講師:藤井 英之先生に変更

~寒さ厳しき折ですが、多くの先生方の参加をお願い致します。~
スポンサーサイト
  1. 2014/01/30(木) 23:47:40|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月度月例会報告 | ホーム | 水鳥は風邪を引かない?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/111-f0e244a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)