大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

2月度月例会報告

○会長挨拶:倉津会長
・平成26年度春期研修 4月5日(土)より開始
 引き続き研修生募集中
・電機治療器 フィジオチェッカーの案内
・名誉会員(80歳以上30年以上在籍)、米沢淑子さん承認の報告(当会9人認定)

○健康講座:安達先生
 ~予測・予防医学という新しい概念~
  療術だより2月号を中心に紹介
   『100歳まで元気』東京トータルライフクリニック 2013年7月三宝出版より

 ・平均寿命は世界の1位2位という日本であるが、健康寿命との差が10年ほど横たわる
 ・医療の現場でも、本来の病気治療に加えて『このままいったらどうなるか』という、未来予測する事を取り入れた
 ・寝たきりなどが予想される場合、メンタル面、ライフスタイル面での改善提案を外来診療で行う
 ・寝たきりの主な3大疾患 1位;脳卒中 2;位認知症 3位骨折・転倒・関節疾患(平成22年度厚労省国民生活基礎調査)
 ・それぞれ前段階として、動脈硬化、軽度認知障害、ロコモ等に注目し、血液検査、チェックリスト、ロコモ運動などを提唱

 ○寝たきり予防はウォーキング(筋トレ)から
 ○バランスの取れた健全なライフスタイルの実践
  ①食事、②運動、③睡眠、④生き甲斐、⑤社会とのつながり
 ○医療機関は→病気を治療するだけでなく、前段階で予測・予防の提案

 ○療術の役割
  ・西洋医学は、病気の逆算から予測・予防医療へ動き出しました
  ・療術施術は、健康維持の延長として予防医療を支える力があります
  ・自然治癒力の基本アイテムとしての「血行促進」、「筋骨格系の調整」、「自律神経の安定」、「熱・光エネルギー」の「ここがいい」を明確にして、これからの長寿社会の予防医療に貢献したいと思います

○他、本日の研究資料
 ①健康寿命を延ばして、不健康寿命を短くしよう
 ②高齢期になりやすい病気に気をつけよう
 ③柔道整復師(接骨院・整骨院)のかかり方他
  大阪府後期高齢者医療広域連合

○消費税関連の値上げ報告
 ・コウケントー商品の値上げの報告

○その他
 ・平成26年度月例会及び成業課程の予定表の配布
 ・東京海上日動による療術師団体保険加入者票の配布
 ・平成26年度財団認定証の更新予定者の実績表配布
 ・購買部新価格表の配布
  3月度の月例会で再度配布し、欠席者には郵送します

○田窪名誉会長
 ・今年92歳になる名誉会長から、大東亜戦争と太平洋戦争の話をうかがう
 ・今でも書物を読まれ、文章を書き、自らの健康法を実践
 ・療術師は自らが健康であらねばならないを体現しておられます

午後から成業課程
○電気療法の基礎知識:藤井先生
 ~背景~
  ・超高齢化社会を迎え、厚労省は、地域医療制度を充実させながら、
   在宅医療の推進を図っている
  ・物理療法の活用も増えてくる
 
 ~電気療法の主な効果~
  ・新陳代謝の促進
  ・神経系の作用
  ・筋肉組織の改善
  ・関節周辺組織の改善

 ~バイオトレーナーの説明と実技体験~
  ・親指の腱鞘炎
  ・腕の疲労
  ・肩のこり
    症状のある人や希望者に実地体験をしてもらう

以上2月の寒さ厳しい中、熱心な参加者で予定通り3時まで成業課程が行われました。
3月の予定:
 午前の健康講座は小谷先生の「姿勢を考える」
 午後の成業課程は安達先生の「手技療法」で会員相互の実技を行う予定
 手技のできる用意をお願いします

 来月も多くの先生方の参加をお願い致します。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/26(水) 23:24:53|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<人生はあなたに絶望しない | ホーム | 1月度月例会報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/112-7229b1bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)