大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

老師の説教・その1~日々是好日(にちにちこれこうにち)~

3月20日(木)春分の日の一日前、お寺で催されるお彼岸の法要に参加しました。
一人の老師から、禅語の“日々是好日”(にちにちこれこうにち)について、説教を受けました。

良い話も、一歩現実の生活に戻ると、すぐ忘れてしまうので、携帯のメモに入れておき、ネットでも再度調べました。

~日々是好日(にちにちこれこうにち)~
・多くの人は「今日も一日よい日でありますように」と願い、無事を願う
・しかし現実はその願いの通りにはいかないで、雨の日、風の日がある
・しかし、どんな雨風があろうとも、この一日は二度とない、かかけがえの無い一日である
・この一日を全身全霊で生きることができれば、まさに日々是れ好日となるのである

・好日は願ってえられるものではなく、
・待ってかなえられるものではない。
・自らの生き方に日々に好日を見出しえなければならない。
・時の時とするときは来ない、只座して待つのでなく、
・主体的に時を作り充実したよき一日一日として生きていくところに、
・この語の真意がある。

 “すべてを受け入れ主体的に生きることが好日”という言葉が心に残りました。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/22(土) 00:30:21|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<老師の説教・その2~自灯明といきいきと生きること~ | ホーム | 人生はあなたに絶望しない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/114-364cecff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)