大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

老師の説教・その2~自灯明といきいきと生きること~

自灯明とは、自ら灯火(ともしび)を明らかにする、簡潔にして深遠な言葉の響きである。

・釈尊の死が間近であったときに、師が亡くなったら、何に頼ればよいのかと嘆く弟子に対して諭された言葉だそうです
・「他者に頼らず、自己を拠りどころとし、法を拠りどころとして生きなさい」と
  
・一方で、老師は「いきいきと生きる」の意味も説教されました。
・いきいきと生きるとは、人が行ったり来たりして生きること、と諭されました。
・阪神淡路大震災と東日本大震災の支え合う絆の話が、当然出ました

・他者に頼らないことと、人が行ったり来たりして支え合って生きる事とは、矛盾すると単純に考えてしまうと、悟りが足らないと言うことになってしまいます。

・悟りは奥が深いです。
スポンサーサイト
  1. 2014/03/22(土) 00:38:22|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お経の迫力 | ホーム | 老師の説教・その1~日々是好日(にちにちこれこうにち)~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/115-39a64291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。