大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラスの救出

1週間ほど前の夕方、仕事が早く終わり、いつもの緑地公園に軽くジョギングに出かける。
30分ほど走った帰り道で、木の枝に首が挟まり、もがいているカラスを発見。
そばで、別のカラスが、助けを求めるようにガアー、ガアーと大声?を出して泣き叫んでいました。
助けようと思ったものの、プールの高いフェンスがあり入れません。
かわいそうだけれど、仕方がないと思い走り過ぎる。

人間だったら手を使って助けられるのに、カラスは助けられません。
人間の手はすごいなと、傍観者の考えしか思い浮かばず。

10メートルほど走ると、4M程の長い枝を持った学生が2人がこちらに向かってやって来ました。
そういえば、釣り竿が置いてあったけれど、向かいの池で釣りをした学生が、カラス救出の為に、長い枝を探しに行っていたのだと分かる。

仕事柄、苦しんでいる人を助けるのが仕事と自負していたけれど、行動が伴わないと意味がない。

この時僕は、自分の行動を反省しました。助けられる生き物を助けなかったことに。
そして、4M程の枝を(たぶん木を折って)探してきた学生達に教えられ、思わず一礼しました。

それにしても、4Mほどの枝を折ってまでして(?)探してきて、カラスを助けることは今の僕にはできないなと、今でも考えてしまう出来事でした。

学生さんの行動力に脱帽。勉強になりました。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/29(日) 21:48:39|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イベント情報NO1  第5回 「カイロ手技三昧」~100分間セミナー~ | ホーム | 6月度月例会報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/126-98149bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。