大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

第5回 「カイロ手技三昧」~100分間セミナー~報告

平成26年8月23日(土)PM5:30から五苑第2ビルで、
倉津会長による第5回「カイロ手技三昧」~100分間セミナー~が開催されました。

◎テーマは顎関節症

 ・顎関節症とは、あごの関節(顎関節)周辺に何らかの異常があり、
  「あごが痛い」「あごが鳴る」「口が開けづらい」などが主な症状。
 ・その他にも、耳や目の症状、頭痛や首、肩のこり等のさまざまな症状を呈するとも言 われている。
 ・原因は咀嚼筋障害による「筋性」と、顎関節(下顎窩、関節円板、下顎頭、関節包) 障害による「関節性」の
  二つに大別される。

○顎の解剖学をスライドで解説
○トリガーポイントの説明 
  ・咬筋:歯、耳、眉上部
  ・側頭筋:前歯

○顎関節症に対するカイロプラクティックによる施術
1.頭蓋骨のリリース
  ・蝶形骨
  ・側頭骨
  ・下顎骨

2.方法
  ①頸椎2番(軸椎)の調整
   ②耳を肩先方向へ引く
  ③こめかみ部の調整
   ④下顎骨の調整

3.実技演習
  ペアーになり実技演習

~スマホ症候群~
 頭は4,5キログラム~6キロあり、長時間うつむき状態が続くと、
 肩こりや頭痛の原因。顎関節症になることも。

~コメント~
 ①肩こりや疲労解消の施術のなかで、顎関節症を知っていると
  細かな対応ができる
 ②頸椎2番(軸椎)の変異がある場合は、顎関節や咬み合わせにも影響が出やすく、
   予防的なアドバイスができる
 ③顎関節症を学ぶことで、スマホ症候群や頸椎の異常からくる不調に対し
  様々なアプローチを深めるきっかけになりました

スポンサーサイト
  1. 2014/08/29(金) 17:02:42|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<財団認定講習会の報告(1部) | ホーム | 台風の後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/133-9f0c7840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)