大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

財団認定講習会の報告(2部)

2部
◎物理療法の有効性と安全性
   解説:藤井先生、倉津三夜子先生、三舩先生
 ○フィジオチェッカーを使った症例

  ・良導絡を改良したフィジオチェッカーで測定
  ・6人のデータを測定、体の傾向をみる試み
    ①免疫系、②自律神経系 ③筋骨系 ④循環系 ⑤内分泌系
  ・東洋医学的な観点からバランスの崩れや体の傾向を捉えることで、
  施術の参考にする試み

  ・未病を防ぐ
  ・健康レベルを保つ

 ○光線療法の施術例
  ・上記体の傾向を参考に、クライアントの日常や自覚症状を確認しながら
   直接或いは間接的に照射を検討し、進めていく

◎カイロプラクティックの有効性と安全性
   解説:倉津会長

平成25年度 研究事業
 2009年から2010年にかけて、全国療術研究財団より研究委託をうけ
 順天堂大学医学部付属練馬病院で調査結果報告   

『カイロプラクティックの有効性と安全性の有効性と安全性に関する調査研究報告書』 
 一般財団法人 全国療術研究財団 発行 に基づき解説

○同病院の看護師43名がカイロプラクティックを受療
  ・前回調査で肩や頭痛など大半が体が軽くなった←中枢神経系の流れ改善
  ・冷え性やむくみの改善が著しい←中枢・末梢循環の改善
  ・24時間後、腸の動きが良くなり便秘の改善が相当数←中枢・末梢循環の改善
  ・生理痛や生理不順の改善←内分泌系の改善

 1部の 『プライマリーケアにおける非特異的な急性腰痛管理のための欧州ガイドライン』 と
 2部の 『カイロプラクティックの有効性と安全性の有効性と安全性に関する調査研究報告書』 は、 
 平成26年1月22日付けで 一般財団法人 全国療術研究財団から各会員に送られてきた資料に基づく解説です。

スポンサーサイト
  1. 2014/08/29(金) 17:16:32|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二条城のイヤホンガイド  | ホーム | 財団認定講習会の報告(1部)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/135-2bb96d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)