大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

11月度月例会報告

○会長挨拶:倉津会長
 ・第26回療術学会報告
   ・東北の復興を兼ねての学会であったが参加者は270名と少なめであった。
   ・当会からは17名の参加
   ・発表はカイロ手技部門から安達先生と吉野先生、光線部門から三舩先生の発表報告
   ・来年度は九州ブロックの福岡に決定
 ・2015年度からの月例会開催変更の件(重要)
    ・開催月は隔月の5回に変更、認定講習会は3回になります(説明文送付)
 ・療術師の現状
   ・療術師の施術料は以前は散髪代と同じくらいが相場。現状は3500円~5000円、初見料は0~2000円
 ・来期の研修生募集中

○健康講座:黒野先生
 ~VDT症候群について~
  ・情報ツールの進歩でディスプレイを見る機会が多くなり、健康への影響も
  ・VDT症候群についての解説
 ・厚生労働省のVDT作業における労働衛生管理の為のガイドライン解説
 ・ブルーライトの影響
 ・目の疲労回復については、療術4種目による様々な施術も有効

午後から成業課程
 ・救命の基礎講座は消防署の都合がつかなくなり、
  吉野和廣先生の脊柱のねじれによる理学的な検証と、吉野和織先生の応急手当に変更

○吉野和廣先生(医学博士)

 ・カイロプラクティックは筋骨格系を調整して、肩凝り腰痛を解消することに適している
 ・多くの臨床例はありますが、定量的な検証はなされていない
 ・捻れが解消されることで、自律神経への変化が見られることを、測定器を使って検証した論文の解説

 ・「脊柱はなぜ歪むのか」「歪む理由は何なのか」「歪み方には特徴があるのか」「規則的に起こるのか」?
 ・これらを明らかにする事は腰痛や肩こりなどの脊髄源性疾患(神経・筋肉・骨格系障害)の早期回復の根拠が得られる
 ・それが分かることで対処法が明確になります

○吉野和織先生
 ~救急法としてのAED(自動体外式除細動器)の解説~

 ・日本語での正式名称は「自動体外式除細動器」で、乱れてしまった心臓のリズムを電気ショックで戻し、
  蘇生させるための治療機器
 ・AEDは細動という危険な不整脈に効果がある応急手当で、完全な心停止には効果がありません
 ・AEDによって蘇生されるまでの間、酸素は供給されないので、AEDを使用する前後に
  心臓マッサージを行う必要がある

○12月の予定
 12月27日(土)17:30から五苑第2ビルで「カイロ三昧」~100分間セミナー~
         倉津会長 股関節及びその周囲のトラブル 

 12月22日(日)10:00から五苑第2ビル4Fで財団認定講習会(エ)
         療術4種目講座 肩関節の施術

 ~多くの先生方の参加をお願い致します~
スポンサーサイト
  1. 2014/11/27(木) 23:01:02|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仙台の牛タンに学ぶ療術業界 | ホーム | 第26回日本療術学会報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/142-3d165b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。