大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

療術4種目基本療法( ジョイント・ウォッシュ)

平成26年12月28日(日)五苑第2ビルで、療術の世界「療術4種目基本療法」が開催されました。
この講習会は財団認定の療術部会として、認定されています。
※受講者には修了証が発行されました。

テーマ:
  療術4種目基本療法
~ジョイント・ウォッシュ~
  (肩・上肢の基本療法)
【内容】
●解剖学:黒野先生
  スライドを使った肩・上肢の解剖学を学ぶ

●ジョイント・ウォッシュ、療術4種目講義と実技

 ○電気療法: 藤井英之先生
  ①肩痛の医学的分類
  ②痛みの部位と関連する筋肉
  ③肩関節
  ④電気療法としての低周波療法と温熱療法の使用法

 ○光線療法: 三舩皓久先生
  ①肩凝りの原因疾患
    ・一次性肩凝り(疲労、体型、姿勢、緊張)
    ・二時性肩凝り(病理的疾患)
  ②カーボンの選別と照射方法
   ・急性期と慢性期の対処法

 ○温熱・刺激: 倉津三夜子先生
  ①上肢の調整
 ②平田式十二反応経絡の応用
  ③ホットストーン、クールストーン、ジェムストーン

 ○カイロ・手技療法:二村政幸先生
  ①筋膜リリーステクニック
  ・環椎ー後頭骨間リリース
  ・手関節のリリース
  ・上肢帯を含む上肢全体のリリース
  ②補足
  ・内臓と右肩との関連 

●総括:倉津会長
 日々の臨床に追われる我々の毎日ですが、解剖学や基礎医学は以前学習しても、忘れる事も多くあります。
 こういう機会を上手に利用し、解剖学や他の施術も時々振り返りながら、新しい技術の習得に努め、日々の施術に活かして頂きたいと思います。

~コメント~
・昨年より続くウォッシュシリーズ第2段。
・ウォッシュ(=カラダを整え、心を癒すメソッド)という新しい概念で、
 今回のテーマは、ジョイント(肩・上肢)に対する療術4種目の取り組みを紹介。
・受け継いでゆく伝統の技術と時代に合った概念の融合がウォッシュ!シリーズであり、
 医学的知識に基づいた療術の新しい取り組みとして有意義な講習会でした。
 
 これで今年の日程はすべて無事終了しました。
 新年は1月25日(日)11時から月例会、引き続き新年会が開催されます。
 会員の方には、年賀状にてお知らせ致します。
 今年1年ご愛読ありがとうございました。
 どうぞ良いお年をお迎え下さい。
 
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 21:13:23|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<走る練習 | ホーム | 第4回 「カイロ手技三昧」~100分間セミナー~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/146-8cd89efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)