大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

身体感覚を取り戻す~プロレス考~

先週の10日(木)、地元豊中市のローズ文化ホールにプロレスの興行がやって来たので、見に行って来ました。
600席の会場は満席でした。
ドラゴンゲートと言って、プロレスでは小柄の人達(身長が175cm ~185cm、体重が80kg~99kg )が立ち上げた団体。
大柄ではないけれど、その分スピードや迫力があります。
昔と違い、お笑いのパフォーマンスが随所にあり、お姉系のレスラーもいます。
勿論、3割はパフォーマンスでも、7割は真剣勝負でないと、お客さんは見に来てくれない。
私が見ても鍛えた肉体でいけ面レスラーのCIMA は、かっこいいと思いました。
子供や若者だけでなく、若い女性ファンもかなりいました。

なぜ、プロレスが面白いかというと、人間の持つ身体感覚を呼び起こしてくれるから。
子供の時に見た力道山は大きな外人をやっつけ、感動ものでした。
今は、情報化社会で生身の身体感覚が希薄になっているので、人間の本能的な肉体を呼び起こしてくれるものがありました。

様々な犯罪、子供のいじめ、働き盛りや高齢者の鬱(うつ)、これらの根底にすべて「身体感覚」の喪失があるのでは?
「身体感覚」が希薄になると、体のコンデションが狂い、本来の働きができなくなる。

身体感覚を取り戻すには、ダンス、スポーツ、散歩、合唱、カラオケ、詩吟、俳句、座禅、プチ断食、呼吸法・・等を生活に取り入れる。
身体感覚を取り戻すと、体のコンディションが良くなり、社会のマイナス要素を劇的に減らすことが出来るのでは・・
スポンサーサイト
  1. 2015/12/15(火) 23:34:34|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「カイロ手技三昧」~100分間セミナー~報告 | ホーム | メンテナンス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/168-b1d3f75e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)