大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

9月度月例会報告

籔内先生の司会で始まる

倉津会長挨拶の後、10月開催の光線療法講習会(財団認定講習会)と11月開催の療術学会の発表者によるプレリリース
と健康講座が開催されました。

○中島正人先生:
 ○光線療法のいろいろ
  目的:過去に紹介した症例も含めていろいろな症例の紹介
   
○黒野洋史先生:
 ○筋膜リリースと光線療法の相乗効果
  目的:近年注目を浴びている筋膜リリースについて、温熱により緩めやすくなる特性を生かして、
光線療法と組み合わせた有効例を紹介

○二村政幸先生
 ○筋膜テクニックでの施術
  目的:筋膜の繋がりと効果を検証

○安達俊夫先生:
 ○脊柱管狭窄のコンディショニングとしての療術の有効性の1症例
  目的:緩解期に手技療法と光線療法の活用による有効例の紹介

○倉津弘一先生:
 ○足関節調整による施療効果
目的:足関節の調整による改善例の紹介
  ~末梢の調整により、中枢神経への干渉を通して施療効果をみる~

兼健康講座
○吉野和織先生
 ○総合力としての療術
目的:
・多くの人が身体的機能不調(腰痛、肩こり)などを繰り返す状況に対し、療術による科学的な根拠に基づき基準化する。
・左右非対称性の骨盤特有の動きが、右仙腸関節に外方変位を生み脊柱に特徴的なゆがみを生じる研究をベース
・体の根幹である仙腸関節を最初に整え、首回り、脊柱、股関節、足首の5カ所を主訴に合わせせ総合的に施療
 ~実技紹介~

~療術の学術的な研究成果が今後の療術発展につながることを期待i致します~
スポンサーサイト
  1. 2016/09/29(木) 22:57:12|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< 光線療法講座IN大阪  第14回大会 報告 | ホーム | 7月度月例会報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/184-8622af4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)