大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

6月度月例会報告

倉津会長
・6月15日に三舩副会長と府庁へ財団認定証の名簿提出し、受付印を頂く
・柔道整復師協会主催のセミナーに先月講師として招かれ、福岡県で講義する
・保険診療の審査が今年の秋から厳しくなるとの報告

中島先生
~健康講座(肩こりと口内炎)~
 ・原因と予防法、改善の栄養素(食事)について、表にして分かりやすく解説
・ 肩こりは療術では、最も得意とする分野であるが、ウイルス性口内炎は抵抗力が落ちた時に出やすい
  療術的な体調維持も予防になる
 ・その他、筋肉の疲れを取るビタミンB1、エネルギー代謝を良くするビタミンB2、抵抗力を高めるビタミンC、 自律神経を整えるビタミンE、
  血行促進効果としてのDHAやEPAなど周辺知識も参考になる

阿部先生
~6月度療術便り~
 ○熱中症について 
  ・体温は視床下部による体温調節中枢によって保たれる
  ・高温・多湿の環境で水分補給を行わず長時間活動を続けると様々な障害が起こる
  ・暑さを避ける、水分補給、体調を整える

   療術では、血液循環を整え自然治癒力を高めるので、熱中症対策はもとより、夏の健康維持にも良い

田窪名誉会長
~日本伝統の子育て文化について~
 ・今の子供達には、対人関係能力(相手を思いやる優しい心)と自己制御能力(自分を制し我慢する力)が、昔に比べて未発達の子が多いように思う
 ・子供達は、特に乳幼児期に両親の十分な愛情を受けて、人間としての共感性(道徳心)の土台ができる
・日本には「三つ子の魂百まで」という諺があるが、特に幼児期における日本古来の子育て文化をもう一度見直すと良いと思う

以上午前の部

午後の部
藤井先生
~運動と療術~
 ・日本整形外科学会が提唱するロコモ予防についての紹介
 ・ロコモは、「メタボ」や「認知症」と並び、「健康寿命の短縮」、「ねたきりや要介護状態」の3大要因のひとつになっています
 ・ロコモティブ シンドローム(locomotive syndrome)とは、「運動器の障害」により「要介護になる」リスクの高い状態になる事
 ・ロコモの原因
 1)運動器自体の疾患(筋骨格運動器系)
   ・加齢に伴う運動器疾患。例えば変形性関節症、骨粗鬆症に伴う円背、易骨折性、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症など
 2)加齢による運動器機能不全
   ・筋力低下、持久力低下、反応時間延長、運動速度の低下、巧緻性低下、深部感覚低下、バランス能力低下など
 ・運動能力チェック
   ・椅子からの立ち上がり、片足立位バランス、継ぎ足歩行を実際にやってみる

高齢化社会を元気に生き抜くには様々な取り組みが必用になってくる。
療術的な施術はロコモティブ シンドロームからの観点からも、今後益々必用になる。
整形外科的な観点から、非常に有意義な講義になりました。

○メタボとロコモ
 メタボ:メタボリックシンドロームは、心臓や脳血管などの「内臓の病気」で「健康寿命」が短くなったり「要介護状態」になる
 ロコモ:ロコモティブシンドロームでは、「運動器の障害」が原因でおこります。
 これらの「健康寿命の延伸」、「生活機能低下の防止」には、total healthの観点から、幅広い対応策が必要です

◎次回は7月22日(日)月例会は11時~12時
 午後から『食と療術』をテーマに今までと違った切り口から健康を考えます。
 ご期待下さい。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/26(火) 22:19:10|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<有吉 實先生の講演を聴講 | ホーム | CTとMRIの違い(医学用語の一口メモ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/28-bed2bbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)