大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カイロ三昧100分間セミナー

平成24年8月25日(土)PM5時から、五苑第2ビルの研修所で、
倉津弘一会長によるカイロ三昧~100分間セミナーが開催されました。

テーマは、骨盤から診た下肢の症状
 ①)股関節、②膝関節、③足関節に分けて考察。

①股関節は、L2~S1 の分節由来なので広範囲の関連痛と関係している。
 股関節の痛みは、下部腰椎椎間関節からの関連痛によるものもある。
 膝関節も股関節の痛みに関与したり、股関節が膝関節の痛みに関与することもある。

②膝関節は、L3~S1 の分節から神経支配を受けているため非外傷性の痛みに関しては、
 L3~S1 にある病変を除外されなければならない。
 腰椎下部、股関節、足関節は、膝への関連痛の発生源である。

③足関節の安定性は、ほぼ靭帯の張力と骨のアライメントに依存している。

2.下肢長の考察
 ディアフィールド骨盤下肢チェック法
 腹臥位膝関節伸展位で下肢長を評価のち、膝関節90°以上屈曲位で短下肢側が、長下肢に転じるかどうか?

3.各テクニックによる調整
 ・SOT catⅡによる調整
 ・MET による調整
 ・腹臥位による調整

一般にも解放致しましたので、愛媛県療や香川県療の会員先生だけでなく、整骨院の先生方も参加されました。

参加者の中から症状のある先生にモデルになって頂き、鑑別から実技の紹介まで、実践的なセミナーになりました。
(翌日の講習会での再会で、昨日の帰宅が楽でしたという声も聞かれました。)
スポンサーサイト
  1. 2012/08/28(火) 23:28:11|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「療術の世界DVD」制作発表の記念講演 | ホーム | 7月度月例会報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/34-d15cf859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。