大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

光線療法講座IN大阪 第10回記念大会の報告

光線療法講座IN大阪 第10回記念大会の開催が、H24年10月28日(日)天王寺区たかつガーデンで開催されました。
主催 大阪府療術師会、共催 全療協関西療術師協会、財団認定講習会(オ)に認定
(会員の先生には修了証を発行)

司会進行を薮内先生が務め、座長を三舩先生が担当しました。
第10回記念講演として、(財)光線研究所々長 医博 黒田一明先生の講演に加え、3人の現役療術師による症例発表も行われました。
一般公開講座にするため、(財)光線研究所の発行する光線新聞に初めて紹介して頂きました。
光線新聞からの光線愛好家は60名を超え、総参加者数は140名を超える講習会となりました。

三舩先生の開会宣言により、下記の内容で進行

○会長挨拶 倉津会長
○資料説明 10月度療術だより(痛みについて) 中島先生
○療術解説 倉津会長
 ・療術説明 
 ・研修所説明(研修生募集) 
 ・施術所案内(センター・蘇庵)
○講座案内 三舩先生
 ・光線講習案内(家庭でできる光線療法講座) 
 ・カイロ三昧 12月22日(土)
 ・療術4種目講座(財団認定講習会(エ)12月23日(日)

第一部 療術師による症例発表
    ①光線療法による色素性絨毛結節性滑膜炎の施療報告
     中島正人先生
    ②光線療法による施術例報告 多発性ポリープ
     延原律代先生
    ③腓返りに於ける施術検証
     廣中伸史

第二部 黒田一明先生による講演
    演  題:「痛みと腫れに対する光線療法」

受講証明証授与

まとめ
・第一部の3人の療術師の発表については、一般的な症例から非常に専門的な症例まで幅広い内容でしたが、
 黒田先生からそれぞれについての貴重なコメントを頂きました。
・第二部の、「痛みと腫れに対する光線療法」では、黒田先生から様々な症例紹介を、データを元に解説して頂きました。
・専門的な内容から、光線療法のベースとなるビタミンDによるカルシウム代謝の効用まで、幅広い内容の紹介がありました。
 Ⅱ型糖尿病やがんの術後の症例は、当日配布の光線新聞(光線研究)に、紹介されています。
・カーボン品番については余りこだわらず、時々組み合わせを変えて充分に照射すると良い、との指導を頂きました。
・光線療法は、まさに治療から予防まで幅広く手軽に活用できます。
 それだけに、症例に併せた理論的バックボーンを活用しながら施術を行うと、より効果が高まると思います。
・講演後の質疑では、一般の愛好家からも次々と質問があり、関心の高さを痛感しました。

・以上定刻過ぎまで熱心なやりとりが行われ、光線療法講座IN大阪 第10回記念大会も、無事終えることが出来ました。

○大阪府療術師会並びに全療協関西療術師協会はこれからも、様々な講習会を予定してします。
 出来るだけ多くの先生方が参加して頂き、日々の施術に活用して頂きたいと願っています。


スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 22:01:28|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界の平均寿命 | ホーム | 大阪ヘルシジャンボリー2012出展報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/47-b4974624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)