大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第2回 「カイロ手技三昧」~100分間セミナー~

平成24年12月22日(土)PM5:30から五苑第2ビルで、
倉津会長による第2回「カイロ手技三昧」~100分間セミナー~が開催されました。

◎テーマは骨盤から診た体幹の調整。
 今回は、SOT(仙骨後頭骨テクニック)を用いたセミナーでしたので、
 基本知識として、下記のカイロプラクティック辞典を参照。

◎SOT(仙骨後頭骨テクニック)とは?
 ・SOTとは仙骨後頭骨テクニックというテクニックの略でデバーシファイドなどのボキボキするカイロとは対象的で、
  一般的にはソフトカイロプラクティック呼ばれています。

 ・基本的には、SOT独特のクサビ形のブロックを使い、それらをベッドと患者の間に差し込むことで、
  患者自身の体重により身体を矯正します。

 ・呼吸のメカニズムと脳脊髄液の流れを通じて体の調和が考えられ、
  仙骨と後頭骨を正常な位置に戻すことで、正常な身体に戻すテクニックです。

◎SOT(仙骨後頭骨テクニック)の施術

 ○S.O.T.検査
 ・姿勢検査、筋力検査、反射テストなどを用い、体のこわばり、偏りなどを診る

 ○3つのカテゴリーに分類
 ・カテゴリーⅠ:脳脊髄液の循環不良
   疲労感、内臓疾患、腰痛、うつ、自律神経失調症など

 ・カテゴリーⅡ:仙腸関節・頚椎からの不調
   頭痛、肩こり、自律神経失調症、股関節痛、ヒザ痛、背部痛、首痛など

 ・カテゴリーⅢ:椎間板からの不調
   腰痛、座骨神経痛、椎間板ヘルニア、内臓疾患、動悸、背部痛、首痛、

 ○治療方針を定める
 ・骨盤・股関節から、仙骨の歪み、背骨の捻れを正します。
  →脊髄、特に、硬膜の不具合を正します。
  →その後、後頭骨に刺激を与え、脳脊髄液の流れを整えます。
  →結果、神経伝達機能を高め、自然治癒力を高めます。

 矯正施術は、骨盤のポイントに三角ブロック(ブロッキング)をいれ、
 頭蓋骨(特に後頭骨)にやさしくタッチする手技が中核。
 身体にダメージを残さないソフトな施術方法です。

 カテゴリーに応じて、独特のブロックを使って、患者の体重で矯正が行われます。
 その間に、筋肉の調整や首への調整を行います。

下記の代表的なカイロテクニックの1つ
 1.ディバーシファイドテクニック
 2.ガンステッドテクニック
 3.トムソンテクニック
 4.SOT(仙骨後頭骨テクニック)
 5.アクチベーターメソッド

◎今回は骨盤から診た上肢の症状をテーマに、三角ブロック(ブロッキング)を実際に使って 、
 カテゴリーⅡの施術紹介がありました。

◎非常にソフトな施術ながら、はっきりした効果を目の前で確認できたので、
 体格差のあるクライアントや女性でも利用できる施術であるとの認識を得ました。
 現役の柔整師も参加して、有意義なセミナーとなりました。

スポンサーサイト
  1. 2012/12/27(木) 23:13:59|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第2回 療術の世界「療術4種目基本療法」報告 | ホーム | 療術によるガン術後の免疫力向上(体調維持)の立証の必要性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/53-491bbc82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。