大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

新年会の開催

平成25年最初の月例会は、新年会として1月27日(日)五苑第2ビルで開催され、
午後からはささやかですが立食のパーティーを行いました。

◎藪内先生による司会で始まる

◎倉津会長のご挨拶
 ○新規研修について、今春4/6(土)開講予定の紹介がありました。
 ○K`Sホリスティック・スクールによるナード・アロマテラピー協会認定コースの紹介がありました。
 ○1月度療術だよりは「腰痛診断ガイドライン」について、今月担当の倉津会長より説明して頂きました。
  ・日本整形外科学会と日本腰痛学会発表による「腰痛診断ガイドライン」についての紹介 (2012/12/30)
  ・個々の医師の経験や勘により行われてきた診療を、科学的な根拠に基づいて統一的に行うのが目的
  ・2001年以降の国内外の医学論文4千件から厳選した約200件を基に、
   両学会の専門家が医師向けに診療ガイドライン(指針)をまとめた
  ・指針によると、腰痛は発熱や胸部痛といった危険信号の有無などで3つに分類することが重要とした。
   (1)がんや外傷、感染などの重い脊椎疾患が疑われるもの
   (2)まひやしびれ、筋力の低下など神経症状を伴うもの
   (3)原因が特定できない非特異的腰痛

  ・非特異的腰痛は、いわゆるぎっくり腰やストレスが原因となっているものを含み、全体の85%を占める。
    →腰痛の発症や慢性化には心理的なストレスが関与しており、画像検査などでも原因が特定できない腰痛が
     大半を占める
   →重篤な脊椎疾患の兆候がない限り、すべての患者に画像検査をする必要はない
   (→腰痛があればまずエックス線で骨や神経の異常がないか調べる現在の診療の在り方が変わりそうだ)
 
  ・非特異的腰痛は、様々なストレスが関与している強い証拠があると指摘
    →ストレスを軽減するためにものの考え方を変える認知行動療法などの精神医学療法が有効
    →また、安静は必ずしも有効ではなく、非特異的腰痛ならできるだけ普段の動きを維持した方が早い改善につながる
    →発症から3カ月以上たった慢性腰痛には運動療法は効果がある
    (腰痛にストレス関与、安静必ずしも有効と限らず、体を動かしたほうが症状が軽くなる可能性が高い。)

 ~療術師は、問診にじっくり時間をかけ、経験則と東西医学理論をもとにクライアントの良き手助けになる事を願っています~

◎総務部、安達先生
 ・財団認定証の更新25名、新規11名、合計36名の申請を無事受付、28日申請しますとの事 
 ・大阪府療術師会は昭和28年1月設立で、今年60周年を迎えます。
  昭和22年のGHQによる占領下の療術禁止令から、厚生労働大臣許可・全国療術研究財団設立まで、の苦難の歴史を“大阪療術のブログ”で紹介
 ・2月24日(日)月例会の午後から、「肩こり」をテーマに一般公開講座開催予定。
  2月号うえまち新聞に広告とヘルスジャンボリー参加者にハガキでご案内

◎田窪名誉会長
 ・現在満90歳でかくしゃくとした先生による、自身の北千島列島(カムチャッカ半島の手前)での従軍体験と、
  現在の北方領土のロシアによる不法占拠を解説

◎熊倉先生
 ・現在92歳で、いつもユーモアがあり,お元気な先生に、乾杯の音頭を取って頂く。
  『巳年は、カラを破る生命力があり、その勢いで今年も頑張りましょう。』との力強いお言葉でした。

 続いて立食によるパーティーが行われ、2時30分まで歓談が続き、無事終了しました。


スポンサーサイト
  1. 2013/01/29(火) 22:45:11|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<節分法要でのできごと(その1) | ホーム | ~療術の歴史を振り返る その2~ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/59-8e5ed425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)