大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

2月度月例会報告

会長:柔整師協会の支部立ち上げの講師として招かれ講演された事や、
保険診療を行う業界の厳しい状況などの説明がありました。

名誉会長:健康長寿の為には、遺伝的要素もあるが、普段の健康管理が効いてくる。足腰を鍛える。

3分間スピーチ:延原さんの「がんに対する光線療法の施術効果について」

成業課程
 午前の部: 光線療法 中島先生・・光線療法の一般的な症例について解説。
 ①足関節(足首)の捻挫、②ものもらい、③熱傷(やけど)、④急性中耳炎など。
 他、日常のさまざまな症状に利用できる。

午後の部: 手技療法 伊原先生・・圧の法則~手技における身体と力の使い方について~
 今までベテランの先生方が無意識のうちに行っている所謂『暗黙知』の動きを分かりやすく解説。
 ①力みを取る、②重力を意識する、③作用反作用を利用、④ベストポジションのための動的軸移動などの
キーワードを使い実技紹介。

2月号療術だより
 長寿医学の第一人者の白澤卓二先生の著書を参考に、
 ①さまざまな病気は老化から分析できる
 ②老化を知れば健康長寿の道が見えてくる。
 ③療術は活性化をベースにした予防的医療として長寿社会に貢献できる
 という内容
スポンサーサイト
  1. 2012/02/28(火) 00:55:07|
  2. 月例会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自転車の買い換え | ホーム | 予防的医療の需要が高まる予感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/6-bf337d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)