大阪療術のブログ

大阪府療術師会の月例会報告、今月号の療術だよりのテーマ、セミナ報告などコンパクトに発信

「永遠のゼロ」を読みました

今ベストセラーになっている百田尚樹著「永遠のゼロ」という小説を読みました。
読みたいなと思っていましたが、かなりぶ厚い本なので躊躇していたところ、
お客さんがおもしろいからと言って施術の時にもってきて頂きました。

ストーリーは、零戦の特攻隊員で戦死した祖父の生き様を、孫さん達が調べていく展開です。
軍隊の日常、空中戦の様子、日本の立場、当時の生活などの現実が、小説という乗り物に乗って、
目の前にこれでもかと言うくらい押し寄せてきました。
こんなに心を動かされたのは、小学校の6年の時に呼んだ「ベニスの商人」いらいです。

いずれにしても、今この日本があるのは、過去に多くの人達が我が身を犠牲にして、守ってくれたおかげだと思います。
私の父は84歳で既になくなっていますが、満州から無事帰って来てから、戦争の話はほとんど聞いた事がありません。たぶんつらい思いでばかりだったと思います。
義父は今年91歳で、まだまだかくしゃくとしていて、なにくそ精神健在です。

今生きている我々は、次世代の人達に、このすばらしい日本をさらに良いものにして、引き継がなければならないと感じました。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/18(月) 23:55:01|
  2. 安達の部屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月度月例会報告 | ホーム | 2月度月例会報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://qciu2468.blog.fc2.com/tb.php/71-369c5088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)